今回で「友達との会話についていけるように」…………完結です。「その他の手だて」と「娘の現在」を記事にしていきます。

子どもは、友達や親、テレビなどの影響で1つや2つは「夢中になるもの」があります。大人でいう「趣味」です。男子は「スポーツ」「ゲーム」「アニメ」「マンガ」「歴史」……女子は「ドラマ」「アニメ」「マンガ」「アイドル」といったものです。

「何に夢中になるか?」……これは、友達関係にまで影響します。特に女子です。共通の話題が親友、そしていつも一緒にいるグループを決めていきます。

これから親である私が、この「夢中になるもの」にどのように関わっていったのかを載せていきます。

① 「ジャニーズ・アイドル好き」にさせようとするが失敗

娘が小学校低学年の頃「流行しているものに、ちょっとぐらいは触れさせた方が良い」と考えたことがありました。そんな時に、ママ友関係で「母と娘でジャニーズのコンサートに行っている」なんて話を聞いたのです。何だか、微笑ましい話です。私はすぐに飛びつきました。その頃はYOUTUBEなんか知りませんでしたから、ジャニーズアイドルグループ「NEWS」のCDとDVDを購入です。子どもと一緒に車で見て、聴いて「誰がかっこいい?」なんて質問したりしますが、娘は思ったよりくいつきません。私はケチなので更にお金をつぎ込む気にもなれずに、断念です。

② 友達との会話で「ONE PIECE」が出てきたというので「マンガ全巻」借りてきてあげる。→夢中になる。

「仲良しの友達が夢中になっていること」が好きになるように、協力してあげました。その友達……「穏和で優秀な子」です。親としては、更に仲良くなっていただきたいです。これは、協力するしかありません。丁度、私の後輩がマンガを全巻持っていました。タダです。家族で「ONE PIECE展」に行ってきました。懐かしいです。

中学受験 ワンピース

③ 「ハリーポッター」の本を何回も読み、夢中になる。

これは、奥さんが娘に勧めました。全巻繰り返して5回以上は読んでます。すごく夢中になりました。誕生日プレゼントで、このDVDを揃えました。 「ハリーポッター展」も行きました。これは、うちの娘が「穏和で優秀な友達」を夢中にさせました。

④ ディズニーランドに夢中になる。

昔、家族で何回も行って、夢中になりました。そして、今では、家族では行かなくなりました。中学校の友達と一緒に、試験後など定期的に出かけています。 寂しいかぎりです。昔の画像を載せます。

こうして、箇条書きで載せてみると夢中になったことが「他のお子さん」より、少ないのではないかと感じます。そりゃそうです。娘は「保育園」「学童」「中学受験で塾」と、閉ざされた世界で過ごしてきている訳ですから……。

「娘の現在」…………部活の友達と「カラオケ」に行きます。何だか盛り上がっているみたいです。どうなのでしょう?「中学生だけのカラオケ」は許されているのでしょうか????気になるところです。

既に載せましたが、定期試験後は「ディズニーランド」に行くことがあります。どうなのでしょう?「中学生だけのディズニーランド」は許されているのでしょうか??これはさすがに、大丈夫でしょう。しかし、門限………「夜のパレードが、どうちゃらこうちゃら……」「○○ちゃんは大丈夫って言われた」……細かな問題・心配は尽きません。

「友達との会話についていけるように」……高校生、大学生まで……これからも色々ありそうです。

このネタ…………最後に私の願いを載せます。私は、子どもに「自分の人生を、自分で楽しくしていける人間」になってほしいです。

「大人になって働くのは、大変そうだから嫌だなぁ」……アウトです。「学校、つまんねえなぁ~ 毎日、つまんねえなぁ~」……アウトです。「お前がつまんねえ人間だから、人生もつまんねぇんだ!!」って感じです。

「生きるとは呼吸することではない。行動することだ。」これは哲学者「ジャック・ルソー」の言葉です。「積極的に行動する」……そして「上手くいけば、それで良し!!」「たとえ上手くいかなくても、前向きにとらえこれからに生かす!!」……そんな人間になってほしいです。

 

カテゴリ(為になる情報)に戻る→

 

トップページに戻る→

 

読後は応援の花丸をお願いします!
受験ランキングにリンクします!!

にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村