今まで、公立中高一貫校に通う長女に「中学受験をするように仕向けた理由」を記事にしてきました。

次女は???…………「私もお姉ちゃんと一緒で、学童をやめる。5年生になったら塾に行くよ!!」と自分から言い出しました。姉が中高一貫校で、充実した生活を送っているのを見ているから、自分もしようと思ったのでしょう。

しかし私は、次女を長女ほど「中学受験させたい」とは思いませんでした。何故か??…………彼女は「公立」でも青春を謳歌できるタイプだからです。今では、私立中高一貫校に通っています。

三女は???…………すべてが未定なので、これから温かく見守っていこうと思います。

今回の記事は、私の思い…………というよりも、「学校説明会」で校長先生、職員の方が訴える「中高一貫校」の良さを、皆さんにお伝えします。題して「子どもに中学受験を仕向けた理由4~今日は一般論を紹介して完結!!~」です。「世の中の親が、子どもに中学受験を仕向ける理由」「世の中の親が、子どもに中学受験をさせる理由」です。ランキング形式で、載せていきます。

中学受験-公立小学校150×150

① 難関大学への入試対策

「本校は、昨年度の東大合格者数○人です!!」…………親としては、こういった結果を聞くと、胸が躍ります。「ひょっとしたら、うちの子どもも…………」当然、感じることでしょう。

「どうして、難関大学合格者数が多いのか?」という謎も「授業時間数が、公立校に比べて多いです」「高2までに教科書を終わらせ、その後は大学受験に対応した授業をしています」という説明を受ければ「思わず納得!!」です。

「受験対策に特化した先生の授業を、学校で1年間習う」…………公立では、あり得ないことを「私立中高一貫校」はやっているのです。

② 自主性を重んじた教育をしている

「学校説明会」を聞いていると「勉強の内容で終わり」なんてことは、まずありません。むしろ、この「人間教育」に関する説明の方が、時間にしてみると長いくらいです。学校は「文化祭」「体育祭」「修学旅行」等の充実ぶりを、画像・動画でアピールします。行事だけではありません。部活動を大事にしている学校も多いです。

行事は、学校・学年・クラスへの所属感や連帯感を深めて、より良い生活を築こうとする「自主的」「実践的」な態度を育てます。部活動は「体力」「忍耐力」「協調性」を育みます。

私の「高校時代の文化祭」…………悲惨でした。朝、出席をとったら学校を抜け出して、一日中友達の家で麻雀をしていたのです。まあ、その時は「不真面目を気取って」楽しかったのですが、今にしてみると「虚しい…………」「もっと青春がしたかった!!」という感じです。今思うと、男女仲良く協力して、「劇」がしたかったです。

③ 最新の学校施設・設備

「学校説明会」では、ちょっと触れる程度ですが、その後の「学校案内」では「これでもか!!」というぐらいアピールしてきます。特に「図書室」…………「親は、ここに食いつく」ということを、学校側は知っています。

「英語で書かれた本」が、目立つ書棚に飾られています。「Newton」「Nature」といった最新の雑誌が、ゆったり座れる椅子の脇に飾られています。親は思わず、この本・雑誌に興味を持ち、優雅にスラスラ読むわが子を想像してしまいます。

私は、元教員として「特別教室」を見て回ると、備品の数をチェックしてしまいます。理科室に行くと、「顕微鏡の数」…………といった感じです。「備品が無い・足りないくて教えにくい」という思いを、何回も味わっているからです。

「実験器具は、各グループで1つです。仲良く使って下さい。」…………結果、ジャイアンみたいな子が、1人でやっている……なんてことがあります。残りの子は、ただ見るだけです。「実験道具の数と質」…………皆さんの想像以上に大切です。

私立中高一貫校には、何回か見学に行っています。中には「電子顕微鏡」や「屈折望遠鏡・天体観測ドーム」…………公立中学校では有り得ません。「なんじゃそりゃ?」といった感じです。

④ 併設大学への内部推薦で有利に進学

私立中学の場合は、高校・大学と併設されていることが多いです。こういった学校ならば、将来「併設大学への内部推薦」を使って有利に大学に入学させることができます。

「慶應義塾大学」「早稲田大学」等の有名難関大学に、有利に入学できる方法があるのなら「わが子を………」と考える親がいて、当然です。但し、こういった有名大学の場合は、中学から入学させること自体が困難です。

「有利に進学」ということを純粋に考えると、本当のお金持ちが、幼稚園・小学校といった頃から、入学させることになるのでしょう。

私は、田舎に住む平均的な年収の家庭なので「幼稚園・小学校から入学させるのが、どのくらいの難度なのか?」「内部推薦が、どのぐらいの難度なのか?」ということについて、気にもなりませんでした。全く知識がありません。コメントは避けます。

以上が、私が考える「世の中の親が、子どもに中学受験をさせる理由」ランキング4位までです。

お子さんと一緒に「中学受験」に取り組んでいる「お母さん」「お父さん」………皆さんは、どのような理由で「お子さんに中学受験をさせよう!!」と思ったのでしょうか???その理由は、私のランキングと一致しているでしょうか???

 

カテゴリ(為になる情報)に戻る→

 

トップページに戻る→

読後は応援の花丸をお願いします!
受験ランキングにリンクします!!

にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村